【林先生が驚く初耳学】免許証の写真がキレイに撮れる服の色&コツ

SPONSORED LINK

2016年4月24日の林先生が驚く初耳学で、免許証の写真撮影の際、絶対にキレイに写る服の色がある!と紹介されていました。
実は失敗の原因の多くは服装だそう・・・。
免許証の撮影には、キレイに写る服の色と着てはいけない服の色があるとのこと。

一番キレイに写る服の色は、「白色」

林先生が驚く初耳学 免許証

白い服にはレフ版効果があり、肌の色や明るさを強調してくれます。
顔色が明るく見え、シワや目の下のクマもごまかしてくれるのです。
白色は白色でも、首元がスッキリ見える首元が開いたデザインがオススメ。

林先生が驚く初耳学 免許証

さらに、より写りがよく見えるために、目を閉じて「3・2・1」で目を開けると、瞳孔が開いて目が大きく見えるとのこと。

着てはいけない服の色は、「黄色」と「黒色」

証明写真の背景に使われている「青」は、「黄色」に対して補色(反対色)になり、黄色の服は背景の青に浮きすぎてしまう上に、黄色が肌写りして血色も悪く見えてしまいます。

林先生が驚く初耳学 免許証

林先生が驚く初耳学 免許証

黒色は顔が沈み、くすんで見えてしまいます。

林先生が驚く初耳学 免許証

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ