おやさいクレヨンって食べたら野菜の味がする?【林先生が驚く初耳学】

SPONSORED LINK

青がないクレヨンってどんなクレヨン?

くろいろには「くろまめ」、
きいろには「とうもろこし」、
みどりには「キャベツ」。

という風に、全て野菜でできているクレヨン。
その名も「おやさいクレヨンVegetable」
お値段は2160円です。
おやさいクレヨンは、amazonでも販売されているので、気軽に購入することができます。

累計3万セットも売れているという大人気のクレヨン。
色も野菜そのもののやさしい色合いです。

林先生が驚く初耳学 野菜クレヨン

なぜ野菜でクレヨンを作ったの?

「安全性の高いクレヨンを作りたかった」と話すのは、
代表取締役兼プロデューサーの木村尚子さん。

農家で見た廃棄される野菜を再利用することで、
野菜のクレヨンができるのでは?と思ったそう。

青森県では、食料自給率がなんと118%。
日本有数の農業生産地です。

しかし、その裏では規格外などの理由で、大量の野菜が
食べられるのに、廃棄されているのです。

そんな廃棄野菜を利用して作ったのが、「おやさいクレヨン」。

おやさいクレヨンの作り方

主な原料は、口に入れても大丈夫なもの。
食べても野菜の味はほとんどしないそうです。

では、おやさいクレヨンの作り方にいきましょう。

1、「粉末化した野菜」と「食用米油」を混ぜる。

2、溶かした「米ぬかロウ」と合わせて着色。

3、それを型に流し込んで冷やす。

クレヨンなのに、青色がない!

おやさいクレヨンに青色がないのは、
真っ青な野菜がないから・・・。

野菜そのものの色で着色をしているクレヨンなので、
野菜にない色は作れないのです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ