この差って何ですか?Tシャツの伸びた首元を復活させるプロ技など

SPONSORED LINK

2016年1月24日のこの差って何ですか?で、ペタンコになったダウンジャケットをフワフワに戻すプロ技、Tシャツの伸びた首元を復活させるプロ技、カーペットにできた凹みを復活させるプロ技が紹介されていました。

ペタンコになったダウンジャケットをフワフワに戻すプロ技

この差って何ですか? ダウン

使うのはテニスボール
ジャケットの金具が引っかからないようにジャケットを裏返しにし、洗濯機で中性洗剤を入れて4分水洗い、すすぎ2回、3分程脱水する。
その後、テニスボール3つほどと一緒に乾燥機に約1時間かけて乾燥させる。

汗や湿気などの水分で中のダウンが縮みます。
テニスボールは、固まったダウンを叩いてほぐす効果があり、ほぐれたダウンの隙間に空気を含むことでフワフワになります。
水洗い禁止、乾燥機禁止のマークがついているものはこの方法はできないので要注意。

この差って何ですか? ダウン

Tシャツの伸びた首元を復活させるプロ技

この差って何ですか? ダウン

首元を縦方向に引っ張った後に同じ方向にアイロンをかけると復活!

まず伸びてしまったTシャツの首元を縦方向に指で一周引っ張る。
その後、同じく縦方向にアイロンをかける。

この差って何ですか? ダウン

Tシャツの繊維は十字に編んであるが、洗濯して干した時に横に伸びた状態で乾いてしまいます。
その横伸びを縦に引っ張ることで元の正しい十字に戻し、アイロンをかけることで十字のまま固定することができます。
また、干し方としては逆さにして干すか、ハンガーに真ん中の部分で二つ折りにして干すと首が伸びにくくなります。

カーペットにできた凹みを復活させるプロ技

使うのは、アイロンのスチームと掃除機。

カーペットの凹んだ部分にアイロンのスチームを1分ほど当て、掃除機でその部分を吸うと復活します。

また畳の凹んだ部分には、濡れたタオルを当てその上からアイロンを約30秒かけると復活します。

カーペットのフェルトやゴムの層まで圧縮されていることで凹んだ状態になっているが、この凹みをアイロンの熱とスチームの力で柔らかくほどき、掃除機の吸引力で上に引っ張り上げることで凹みが復活します。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ