男性と女性の差!腕時計・バッグ・座り方【この差って何ですか?】

SPONSORED LINK

2015年6月21日のこの差って何ですか?は、「男性と女性の差」特集。

腕時計を外側につける男性と内側につける女性の差

その差は、「脇が開いてしまうかどうか」の差。

腕時計を外側につける女性はいても、内側につける男性って
いないですよね・・・。
なぜ、女性は腕時計を内側につけるのでしょうか?

この差って何ですか?男性と女性

この差って何ですか?男性と女性

1920年頃から主流だった懐中時計から腕時計に変わり、
その頃から男性は文字盤が外側にくるように腕時計を
つけていましたが、文字盤を見る時に脇が開いてしまいます。
でも、内側に腕時計をつけると脇を開かずに腕時計を
見ることができます。

昔から脇を開く仕草が「はしたない」とされてきたとのこと。
昔は男性も女性も着物で生活していて、着物は「身八つ口」といって
脇が開いています。
この身八つ口から赤ちゃんにおっぱいを飲ませていたのですが、
脇を開けてしまうと胸も全部見えてしまうので、みっともないとか
はしたない仕草になることから、女性は脇を見せないように過ごして
いました。

この差って何ですか?男性と女性

この差って何ですか?男性と女性

この脇を見せないという仕草が女らしい・奥ゆかしい仕草として
定着しました。

着物から洋服に変わっても、脇を開かない文化は引き継がれ
腕時計を内側につける日本人特有の習慣が生まれたというワケです。

バッグを肘にかけない男性と肘にかける女性の差

その差は、「腕がしびれにくいかどうか」の差。

女性の方がしびれいくいので、女性はカバンを肘にかけて
持てるんだそう。

腕の断面をエコーで調べたところ、男性は女性より筋肉が多く
脂肪が少ないことが判明。
また、バッグを肘にかけて10分後にエコーで調べたところ、
男性の腕は血管が潰されて圧迫されていました。
つまり、しびれが出やすいというワケなのです。

女性は脂肪がクッションになり、血管が圧迫されにくいので、
しびれにくいのです。

この差って何ですか?男性と女性

女の子座りができない男性とできる女性の差

その差は、「骨盤を脚をつなく関節の形」の差。

女性は出産するため、男性より骨盤が横に広がっています。
また、太ももの骨のでっぱりの部分「大転子(だいてんし)」が
男性の方が大きく、大きく脚を広げると大転子が骨盤に当たって
しまうため、女性より可動域が狭くなっているのです。

この差って何ですか?男性と女性

この差って何ですか?男性と女性

この差って何ですか?男性と女性

これが、男性が女の子座りができない原因。
しかし、訓練をすることで男性も女の子座りができるように
なるそうですが・・・訓練してまでしたい座り方でもないですよね・・・。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ