たけしの家庭の医学 ひざ痛 1月13日放送

SPONSORED LINK

1月13日放送のたけしの家庭医学では、腰痛とひざ痛を特集。

新原因が多くの人のひざ痛に関係していることが判明!
この新原因を知れば、今、ひざに痛みがある人も劇的に改善する可能性があるそう。
ひざ痛の予防と改善に効果が期待できるひざ痛の新原因とは?

ひざ痛の新原因は、「ひざの筋肉や腱のコリ」。
これは、レントゲンにはうつらないので、ひざ痛を放っておくと、「変形性ひざ関節症」になる恐れがあります。
筋肉や腱のコリが急速に軟骨をすり減らせたのです。
そもそもひざの関節は、太ももをおおう大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という大きな筋肉と、太ももの裏側にあるハムストリング、さらにこれらの筋肉と骨を結ぶ腱が互いに連携することで動きます。
ハムストリングが縮み、大腿四頭筋が伸びるとひざが曲がり、逆に大腿四頭筋が縮み、ハムストリングが伸びることで、私達は足をまっすぐに伸ばすことができるのです。

ところが中年太りになったり、慣れない仕事でひざに負担がかかると筋肉や腱の内側の血流が悪化。慢性的なコリを引き起こし、それを痛みとして感じてしまうというわけです。

この筋肉や腱のコリはほとんどの変形性ひざ関節症の患者さんで確認されています。
また、潜在的に多くの人が筋肉や腱のコリの痛みを感じているそう。
しかし、筋肉のコリはレントゲンに写らないので、初期の診断では見過ごされやすいのがネック。

では、なぜ筋肉のコリが急速にひざ軟骨をすり減らすのでしょうか?
初めは小さなコリですが、少しずつ大きくなり筋肉が固くなります。するとひざは固く縮こまった筋肉によって引っ張られ、つねにひざが曲がったままになってしまいます。
その結果、軟骨と軟骨が接する面積は健康な人と比べ、著しく小さくなってぶつかるように。
この状態で動いてしまうと、わずか1点で接していた軟骨は簡単に削れてしまい、急速な軟骨の破壊に至るのです。

どうすれば筋肉や腱のコリによるひざの痛みを改善し、軟骨のすり減りを予防することができるのか?
自分でできる簡単な方法があるんです!

ひざのコリ解消1分マッサージ動画↓

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ