スノーボード 鬼塚雅が史上最年少優勝

SPONSORED LINK

鬼塚雅がスノーボード世界選手権スロープスタイルで、史上最年少優勝の快挙。
鬼塚雅さんは熊本県ルーテル学院の高校1年生で16歳。去年の全日本選手権で優勝、8歳でバートンとスポンサー契約と経歴も凄い!
日本女子発、史上最年少優勝というWの快挙とあって、天才スノボ少女と言われています。

史上最年少優勝の快挙を成し遂げたスロープスタイルとは、レールなどの障害物を滑り、ジャンプ台で空中技を競うスリリングな競技。

スロープスタイル決勝では、オーストリアのガッサーが89.50点、スロバキアのメドロワが84.25点、鬼塚雅が92.50点で金メダルを獲得。

5歳のときからスノーボードを始め、現在は片道2時間かけて練習場に通っているとのこと。
2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックでは19歳になる鬼塚雅に期待大ですね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ