東京でも参拝できる伊勢神宮は東京大神宮【林先生が驚く初耳学】

SPONSORED LINK

パワースポットで有名な三重県の伊勢神宮。

日本最古の歴史書「古事記」によると、伊勢神宮が創建されたのは
2000年以上も前のこと。

皇室の原点とも言われる「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」と
衣食住の守り神である「豊受大御神(とゆけのおおみかみ)」
が祀られており、その御利益を求めて訪れる参拝客は年間1000万人。

最近女性に人気のお店が、「菊一」という老舗の刃物屋さん。
「神話占合(しんわうらない)」というものがあり、
その時の自分にアドバイスを与えてくれるんだそう。
日本神話を読みやすい形にまとめ、その場面から読みとれる
メッセージが書かれています。
1回100円です。

伊勢神宮の正式名称は「神宮」。
つまり、日本中ほとんどの神社が本荘とあがめる
神社の中心だということ。

一度は参拝したいという人も多いですが、
東京からは3時間以上もかかってしまいます。
その上、運賃は片道13,130円。

東京大神宮

東京でもお参りできるお伊勢さんが、東京飯田橋にある
「東京大神宮」。

日本で初めて神前結婚式が行われたことから、
「縁結びのパワースポット」として女性に人気の場所。

東京大神宮は、「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」
が祀ってあるれっきとした伊勢神宮の分祀なのです。

出雲大社

縁結びの神様で有名な出雲大社も東京でお参りできるそう。
そこは、六本木ヒルズの麓にある「出雲大社 東京分祀」。

しかも、東京以外にも大阪、沖縄、愛媛、神戸、岡山、
広島、福岡、ハワイにも「分祀」があります。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ