銭の戦争 あらすじネタバレ予告

SPONSORED LINK

銭の戦争は、フジテレビ系で1月6日22時スタートの火10ドラマ。
草彅剛、大島優子、渡部篤郎、木村文乃らが出演。

草彅剛が演じるのは、エリート証券マン。が、ある日突然、金も職も婚約者もすべて失い、借金まみれのホームレスになってしまう主人公の白石富生。彼は、金で失くしたものすべて、金で取り戻す、と誓う。
家族や自分を苦しめた金貸し業に足を踏み入れながらも、どん底から這い上がり、復讐を企てる男の人生を、時にユーモラスに、時にシリアスに描く。富生をめぐり三角関係となる女性を大島優子と木村文乃が熱演。
弟役で玉森裕太も出演。

⚫︎1月6日第1話あらすじ
東大卒で外資系証券会社に勤務する白石富生は、美人の婚約者を持ち、順風満帆の日々を送っていた。ところがある日、父親が多額の借金をして失踪し、連帯保証人の富生は、貯金をすべて借金の返済にあて、さらには金貸し業者に追われ、職も婚約者もすべて失うことに。

⚫︎1月13日第2話あらすじ
新しい仕事先を探す富生だが、なかなか採用してくれる会社がなく所持金も底をつき始める。河川敷に並ぶ段ボールハウスに潜り込んだ富生は、そこで紅谷裕蔵(津川雅彦)という元ホームレスの金貸しに出会う。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ