絢香がバセドウ病を克服し、妊娠4か月

SPONSORED LINK

2009年に水嶋ヒロさんと結婚した絢香さんが妊娠4か月を発表!
最近、水嶋ヒロさんのインスタグラムで仲睦まじい2ショットを見せていて幸せいっぱいの様子が伝わってきていましたが、妊娠ということでまたまたおめでたい話ですね。

絢香さんが結婚する時に、水嶋ヒロさんがお相手だということにもビックリしましたが、もっと衝撃的なことは、バセドウ病という持病を公表し、歌手生活を休業すると発表したこと。
それから、しばらく表舞台からは姿を消していました。

復帰されてから少しずつテレビでも見るようになってきましたが、最近の目覚ましい活躍といえば、「花子とアン」の主題歌「にじいろ」を歌ったこと。
「花子とアン」にぴったりのメロディーで、聞くたびにホッと落ち着くような大好きな歌。
2014年大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」にも2年ぶり7回目の出場。

歌手活動を休業する最後の活動が紅白歌合戦。この時の紅白はずごく鮮明に覚えています。
水嶋ヒロさんと結婚するのは嬉しいことだったと思いますが、大好きな大好きな歌が歌えなくなるのは、とても悲しいことだったと思うし、大きな決断だったと思います。
明るい希望をもちながら悲しみでいっぱいだったであろうあの時の紅白歌合戦を思うと、今年の紅白歌合戦は喜びに満ちあふれているでしょうね。
本当に良かったです!

昨年暮れに主治医からお墨付きがもらえるほど、絢香さんの数値が安定した頃から、夫婦間で子どもを意識する会話が増えたとのこと。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰になる病気ですが、この状態で妊娠すると流産や早産の可能性が高くなって、安全な妊娠・出産をするためには甲状腺ホルモンの濃度を正常にすることが重要。
今回の妊娠は、バセドウ病の治療を根気よく頑張って続けてきた最高のご褒美ですね。

絢香さんは、来年の春まで仕事をするそうですが、体のことを一番に考えて元気な赤ちゃんを産んでほしいと思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ