美しき罠〜残花繚乱〜 第1話ネタバレ

SPONSORED LINK

美しき罠〜残花繚乱〜 第1話ネタバレ

西田りか(田中麗奈)は、柏木荘太(村上弘明)と不倫をしている。
大手流通グループで働くOLのりかの上司である荘太。
柏木荘太(村上弘明)の妻は、柏木美津子(若村麻由美)。
会社の社長の娘である美津子と結婚し、娘が一人いる。

りかに逢いに来た荘太は、りかと体を重ねる。

りかは、江崎瀧子(池畑慎之介)が主宰している書道教室に通っている。
書道教室のお友達が、桐谷麻紀(三浦理恵子)と滝本泉(高橋かおり)。
麻紀は、恋愛主義、独身主義のインテリアコーディネーターで、美貌キープに命を懸けている。
泉は、りかが本音を語れる友達で、起業を目指して日々頑張っているが、家でゲームばかりしている夫との仲は冷え切っている。

りかの誕生日を一緒に祝う約束をしていたのに、当日急に仕事のトラブルで逢えないとドタキャン。実は仕事のトラブルではなく、美津子の父が入院している病院へ出向いていた。
りかは荘太と一緒に映画を見に行く約束をしていて、チケットがもったいないという理由から一人で映画館にいた。
映画を観終わって外へ出ると雨。そこに、傘を差し出してくれる男性、落合圭一(青柳翔)がいた。
駅までの道を相合傘で歩く二人。

美津子に恋心を抱いている圭一は、美津子の依頼でりかに近づいたのだ。
圭一は、IT系企業を経営。荘太を兄のように慕っている。

荘太の会社の社員達が集まるファミリーデイにりかも参加。
何気なくりかに近づく美津子。りかは美津子にオススメのワインを勧める。
ファミリーデイの後、りかの部屋に寄った荘太は、美津子がりかが選んだワインが気に入ったと、りかに自宅に来てほしいと言っている、と伝える荘太。

りかは、ワインを手土産に荘太と美津子の自宅へ出向く。
しばらくすると、もう一人のお客様が・・・。
圭一だったのだ。
圭一との交際を勧められ、美津子と荘太の仲を見て、耐えられなくなったりかはトイレで泣いてしまう。

翌日も、その翌日も、りかは荘太からの連絡を待っていたが、連絡が来ることはなかった。
荘太と会ったりかは、「別れよう。潮時だ。」と告げられる。
美津子が不倫に気付いている確証はないが・・・と。

圭一と映画館で偶然を装って逢わせたことを美津子がやったに違いないと、りかは気付いていた。
荘太もまた美津子がやったとしてもおかしくはないと思っていたようだ。
荘太は合鍵を置いて、りかの部屋を出ていく。
帰宅した荘太のキーケースをチェックした美津子は、合鍵がなくなっているのに気付き、荘太とりかは別れたことを確信する。

なんと、美津子は鍵つきのエルメスバッグに、興信所などを使って荘太とりかを調べさせた調査報告書と二人が密会している写真を隠し持っていたのである。
実は、これを娘の美羽(吉田里琴)が見ているのをまだ誰も知らない・・・。

後日、美津子はりかに会いに行き、圭一とのことの返事を聞かしてほしいと言ったが、りかは「仕事に集中したいから」と言って、断る。
が、美津子と圭一の間にただならぬ関係があると悟ったりかは、やっぱり圭一と結婚を前提にお付き合いすると言い出す。
何もかも完璧な美津子から、何かひとつでも奪ってやりたい、という策略からだった。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ